最近テレビでCMやってるビアソカードってどんなカード?

Posted on 4 years ago.

最近、寺脇康文が出ているテレビCMで宣伝中のビアソカード(VIASOカード)
「VIASO」は「遊び(ASOVI)」をモジッたものなのですが、これってどんなカード何だろう?って思ったわけです。



「ネットに強い」「自動キャッシュバック」「年会費永年無料」って謳い文句がありますが、果たしで持つだけのメリットはあるのかな…。
って事で、調べてみました。

年会費が永年無料


クレジットカードで一番気になるのはやはり年会費ですね。
ビアソカードは年会費が永年無料です。
しかも、家族カードやETCカードも年会費が無料。
つまり、僕のANAカードの様に机の中で眠っていても年会費がかかりません(笑)

ポイント自動キャッシュバック


ビアソカードはポイントの自動キャッシュバック機能があります。
ポイントが1000pt以上貯まると、1pt=1円として指定の口座に自動的に現金でキャッシュバックされます。
JALカードのJALマイレージバンクやANAカードのANAマイレージクラブ、アメックスやダイナースのポイントは、カードホルダーが意識してポイントを小まめに確認してギフト券等に交換しなくてはいけませんが、ビアソカードは自動なので気を使う必要がありません。
ポイント交換を忘れていて期限切れ…なんて事もありません。

高還元率なネットショッピング


ネットショッピングを利用するとゲット出来るポイントの還元率が高くなります。
ビアソカードの通常ポイントは1000円で5ptです。
還元率にすると0.5%と高い数字ではありません。
しかし、ビアソカードが運営しているインターネットショッピングモール「ビアソ eショップ」を利用すれば、提携している店舗での買い物で通常のポイントに加えて0.5%~10%のボーナスポイントが貰えます。
これで高還元率なポイントをゲット出来るわけです。
普段からネットショッピングがメインの方はとても重宝するカードと言えます。

ネットショッピング以外でも還元率が1%になる


上記のネットショッピング以外でも、還元率を通常の0.5%から2倍の1%にする事が出来ます。
例えば、ドコモ、ソフトバンク、au等の携帯料金の支払い、ETCマークのある有料道路の支払い、Yahoo!、OCN、ニフティ等のインターネット料金の支払いです。
月々の支払いでポイント2倍になります。

もちろん補償も充実


ビアソカードは利用付帯で最大100万円までの補償、最高で2000万円までの海外旅行保険が付きます。
また、ネットショッピングで心当たりの無い請求があった場合に取引を取り消してくれるサービスもあります。
ネットショッピングに強いカードとして安心な補償だと思います。

ビアソカードの残念な点


ネットショッピング好きには便利そうなビアソカード、若干残念な点もあります(;・∀・)
まず、ETCカードの発行に1050円の手数料がかかります。
ただし、2年目以降は手数料はかかりません。
が、ETCカード発行が無料で出来るカードが多い中、デメリットになってしまいますね。
あと、上記で書いた様に、やはりネットショッピング以外ではポイント還元率が平凡で、更にポイントの有効期間が1年です。
つまり、通常のポイント還元率0.5%で自動キャッシュバック出来る1000ptまで貯めるには、20万円の利用を1年以内でしないといけません。
もちろん、高速料金や携帯代、ネットショッピングでポイント有効期間はカバー出来ます。
こう考えると、ビアソカードはネットショッピング好きな人の為のカードと言えると思います。
ただしネットショッピングで利用できるのは「ビアソ eショッピングモール」です。
普通にAmazonや楽天でも使えれば更に良いんだけどなぁ~。

結果


僕にビアソカードは不要だと判断しました(笑)
現時点でクレジットカードはJALカード、ANAカード、アメックス、ダイナースの4枚があり、更にもう1枚追加するにはハードルが高いのですが、それ以上に、ビアソカードのメリットであるネットショッピングを殆ど使わない(笑)
もちろん、年会費永年無料や自動キャッシュバックはとても魅力的だと思います。
普段からネットショッピングを結構使っていて、取り合えずカードが欲しい、って人は、持ってみる価値はあるかも??

1